倉庫を購入して我が家にリノベーション

 

香川県高松市 奥苑邸

かねてから倉庫の無骨な表情に惹かれ、「倉庫を家にできたら面白いね」と話していた奥苑さんご夫妻。取り壊しが決まっていた2階建ての食品倉庫に偶然出会い、構造調査を経て購入に踏み切った。
「せっかくなので住宅らしく変えるつもりはありませんでした。断熱工事や窓の変更はしましたが、鉄骨現しの天井は元のまま。壁紙は使わず木毛セメント板で室内壁をつくり、鉄骨の梁は黒く塗装して引き締めています。リビングは土間を生かし、靴のまま入れるようにしました」
施工は工務店に依頼したが、プランや素材はご夫妻が決定。特にキッチンはこだわりを尽くした場所だ。

コンパクトなキッチンと吊り棚は造作。テーブルは4人向かい合って座れる。

 2棟のうち奥が住まい、手前がガレージ。

2棟のうち奥が住まい、手前がガレージ。

 土足で入れる土間リビング。筋交いが倉庫らしさを物語る。TVボードはDIY。

土足で入れる土間リビング。筋交いが倉庫らしさを物語る。TVボードはDIY。

 玄関は上部吹き抜けに。下足箱は造作。

玄関は上部吹き抜けに。下足箱は造作。

 

居住者構成    夫婦
建物規模    鉄骨造2階建て
床面積 1階 42.00㎡、2階 28,00㎡
    ロフト 14.00平米  計84.00㎡
設計・工事期間 12ヶ月
既存竣工 1997年
リノベーション竣工 2017年


 
 
jiro sakamoto