『至福の家呑み』がテーマの人が集う家

大分県大分市 野尻邸

酒を楽しむ人が集い、くつろげる家にしたいと考えた野尻さん。リノベーション前提で中古戸建てを探し、7DKという贅沢な間取りに惹かれて購入を決めた。「既存1階はキッチンと5つの個室、それに廊下と縁側という間取りでした。そのうち一部の個室の壁を取払い、リビング・ダイニング・キッチンがひとつになった広い空間につくりかえました。一番のこだわりは小上がりのダイニングスペース。夫婦揃ってお酒が好きなので、『至福の家呑み』をテーマに人を招いてもくつろげる内装を心がけました。当時はまだ前例がなかった、洋風掘りごたつ風の小上がりと金網の間仕切りは、わたしたち夫婦が発案。設計担当の方はそれに驚きつつも『面白いですね!』と乗ってくれて、そのまま形に。目の粗い金網にしたことで見通しが良くなり、キッチンやリビングとの一体感も生まれました」

リビングから金網の間仕切り越しに洋風小上がりスペースを見る。

 右/テレビボードとテーブルはd-Bodhi。金網の一部を壁飾りに。。左/リビングの一角に設けたワークスペース。赤い壁がアクセント。

右/テレビボードとテーブルはd-Bodhi。金網の一部を壁飾りに。。左/リビングの一角に設けたワークスペース。赤い壁がアクセント。

 縁側の窓をスチールサッシ風にDIY。3Pソファはsocph。

縁側の窓をスチールサッシ風にDIY。3Pソファはsocph。

 

居住者構成    夫婦+子ども3人
建物形態    木造2階建て
床面積    1階 118.45㎡、2階 28.88㎡ 計147.33㎡
設計期間    3ヶ月
工事期間    3ヶ月
リノベーション竣工 2012年


〈設計・施工〉
RE住むスタジオ古国府店
大分県大分市古国府416・2
TEL 0120・370・830


 
takeshi nagahashi