強く、美しく。機能とデザインの両面を突き詰めた、次世代の外壁。

〈PR〉

直射日光や風雨にさらされ続ける外壁には高い耐久性が必要だ。と同時に、外観の印象を決定づけるデザイン性も求められる。その両面について妥協することなく、高いレベルでクリアするのがケイミューの次世代外装パネル「レジェール」だ。

S170425050.jpg

汚れや劣化に耐える機能面と、外観を美しく引き立てる意匠面は、どちらも高いレベルで両立すべき。そんな理想を目指すのがケイミューの次世代外装パネル「レジェール」だ。
まず特長に挙げられるのは、表面に刻まれた深い彫り。旧来の窯業系サイディングは平面的な印象を与えがちであったのに対し、深い彫りの陰影で外壁を「魅せる」ことで、建物の外観全体に趣深い風格が漂う。
その美しさを維持するのが、ケイミュー独自の防汚性能「光セラ®」。光触媒の作用により、外壁に付着した汚れを光で分解し、浮き上がった汚れを雨で洗い流す働きがある。


「レジェール」では、この光セラに防藻性能の高い銅を配合。外壁が黒ずむ要因となる藻の繁殖を防ぐ性能が、従来の光セラより約2.5倍にパワーアップした。
テクスチュアは5タイプ。各4種のカラーバリエーションがあり、多様な外観デザインにマッチする。
従来は汚れが気になった白い外壁のデザインも、光セラ+防藻性能のある「レジェール」の採用で実現しやすくなる。また、力強い質感があるので、玄関やリビングなどの内壁にアクセントとして使うのも面白そう。住宅のデザインの可能性を広げる、次世代の外壁材だ。

屋外だけではなく、室内にも連続的に取り入れれば、住まいに一体感と広がりを与えることができる。

屋外だけではなく、室内にも連続的に取り入れれば、住まいに一体感と広がりを与えることができる。

sekorei.png

一日の日のうつろいとともに、さまざまな表情を見せてくれる壁
彫りが深いため朝日から夕陽、照明などによる光が表情豊かな陰影を生み出し、見飽きることがない。表面のテクスチュアは5タイプあり、どの色柄でも目地が目立ちにくく、自然な仕上がりになる。

種類.jpg
AH5351U_121105-shadow-1801.jpg

21㎜の厚さと軽さを同時に実現した「エアーイン製法」。
ケイミュー独自の「エアーイン製法」により、基材の内部に気泡を含ませることで厚みを持たせながら軽量化を実現。モルタルの半分以下の重量※になったことで、施工効率が上がり、地震時の躯体への負担も軽減した。
※1棟あたりの外壁を150㎡として換算した場合。

パワーアップした「光セラ+防藻」。太陽の力で汚れを分解、雨水が汚れを浮かして洗い流し、さらに藻の付着を抑える。

●(日中に)付着した汚れを光で分解し付着力を弱める。

 
01.jpg
02.jpg
 

●雨の日に水が非常に馴染みやすく、雨水が汚れを浮かして洗い流す。

03.jpg
04.jpg
光触媒だからできる  光セラは残った汚れも分解するから、次の雨でその汚れを洗い流すことが可能。

光触媒だからできる
光セラは残った汚れも分解するから、次の雨でその汚れを洗い流すことが可能。

●光触媒(酸化チタン)と銅の相乗効果で防藻性能が約2.5倍にパワーアップ。

 
グラフ.jpg
 
 
藻とは?  核や葉緑体が細胞膜で包まれており、種によっては厚い細胞壁で覆われている。太陽光のエネルギーを使って有機物を合成(光合成) し、細胞分裂を繰り返し、増殖する。細胞膜は脂質とタンパク質で構成され、この細胞膜が破壊されると藻は死滅する。

藻とは?
核や葉緑体が細胞膜で包まれており、種によっては厚い細胞壁で覆われている。太陽光のエネルギーを使って有機物を合成(光合成) し、細胞分裂を繰り返し、増殖する。細胞膜は脂質とタンパク質で構成され、この細胞膜が破壊されると藻は死滅する。

 

問い合わせ先
ケイミュー株式会社
ナビダイヤル 0570-005-611
受付時間:月~金 9:00~17:00
(土・日・祝日・GW・お盆・年末年始は受付していません)

piaj.png

購入の際には製品仕様の詳細、留意点等を同社カタログでご確認ください。www.kmew.co.jp/


 
publishedjiro sakamoto