完成間近の「LiVESの家」お見せします。

もし、LiVESが施主だったら、どんな家を建てる? こんなテーマのもと、葉山、鎌倉、湘南エリアでの住まいと暮らし方を提案する「エンジョイワークス」とのコラボで進行中の「スケルトンハウス・ヴィレッジ」プロジェクト。「LiVESの家」も、完成まであと一歩です。「スケルトンハウス・ヴィレッジ」はこれから木が植えられたりと、さらに変化していく予定。12月1日(土)、2日(日)には、現地オープンハウスも開催します! 是非、「LiVESの家」を見に来てください。オープンハウス詳細は右記の「ENJOY STYLE」ウェブページで。 http://enjoystyles.jp/

 完成間近の3棟。向かって右が「LiVES」の家。左の2棟同様に、これからレッドシダーの外壁が貼られる予定です。

完成間近の3棟。向かって右が「LiVES」の家。左の2棟同様に、これからレッドシダーの外壁が貼られる予定です。

 1階の手前の床にはタイルが貼りの多目的な空間に。奥がキッチン。

1階の手前の床にはタイルが貼りの多目的な空間に。奥がキッチン。

 2階のリビング&寝室。奥の洗面なども仕切らずに光が溢れる空間に。

2階のリビング&寝室。奥の洗面なども仕切らずに光が溢れる空間に。

LIVES邸平面配置2.jpg

毎日にさまざまなシーンが加わるLiVESが考える「職遊一体の家」

LiVESがスケルトンハウスと提案するのは、「職遊一体」の家。海も間近な葉山のロケーションをバックに、遊びや働くことを一体に考える家です。1階は一人または複数の仲間とのワークスペースや、趣味やパーティーなどの“遊び”にも共有できるフレキシブルな空間。趣味を発展させて、料理やアートの教室、サロンをなどを始めることも可能です。大きなデッキスペースは、アウトドアリビングやBBQパーティーなど、あらゆる用途に使えるスペース。使い方次第で、毎日の生活に、さまざまな新しいシーンが加わる。そんな家になる予定です。

 完成したスケルトンハウスのイメージ 写真:東涌宏和

完成したスケルトンハウスのイメージ 写真:東涌宏和

〝暮らしを手づくりする〟ことを楽しむ。スケルトンハウスとは?

エンジョイワークスが展開する「スケルトンハウス」は、強固な金物工法と高耐力壁による箱形の構造により、ライフスタイルに合わせて自由に間取りを変えられるうえ、世代を越えて長く住み続けることができます。また、エンジョイワークスのサポートのもと、施主自身が住まいづくりを「ジブンゴト」として、プランニングの段階から、図面を書いたり、模型をつくったりと主体的に加わることで、愛着の沸く、世界でたった一つの住まいが完成。現在では施主同士のコミュニティも広がっています。写真は模型づくりと「ENJOYWORKS施主クラブ」のイベント風景。庭づくりやデッキのDIYなど、暮らしをつくることを共有し、コミュニティとして発展していきます。

what.jpg

ロケーションは、葉山公園まで徒歩6分。住まい+αの夢も広がります!

予定地は、葉山を代表する大浜海岸を臨む葉山公園まで徒歩6分という三浦郡葉山町下山口。敷地には3棟が建設される予定で、広々とした「スケルトンハウスヴィレッジ」となります。敷地は小高く造成されているうえ、「LiVESの家」では公道に接した大きなデッキを設置予定です。

 大浜海岸を望む葉山公園までは徒歩6分の距離。閑静な住宅街だが、所々に隠れ家的なカフェなども点在。

大浜海岸を望む葉山公園までは徒歩6分の距離。閑静な住宅街だが、所々に隠れ家的なカフェなども点在。

 見晴らしの良い高台の敷地で北側が道路に接している。予定地周辺には、スケルトンハウスが点在し、現在も増加中。

見晴らしの良い高台の敷地で北側が道路に接している。予定地周辺には、スケルトンハウスが点在し、現在も増加中。

 敷地は仕切らずに3棟のスケルトンハウスが並ぶ、開放的なスケルトンヴィレッジに。「LiVESの家」は北側。

敷地は仕切らずに3棟のスケルトンハウスが並ぶ、開放的なスケルトンヴィレッジに。「LiVESの家」は北側。

次回は完成したLiVESの家をレポートします。お楽しみに!


スケルトンハウスに関するお問い合わせ
株式会社エンジョイワークス

https://theskeletonhouse.com/
TEL 0467-53-8583


 
publishedtakeshi nagahashi