今、聴きたい場所に音楽を。
空間と日常を彩る
ポータブルスピーカー

GLOBAL BASE × parkERs  by  Aoyama Flower Market築50年の古民家をフルリノベーションして暮らす建築家の宮田一彦さん。自分スタイルに再構築した空間には、家中どこにでも「B&O PLAY」のスピーカーがあった。

 愛犬2匹とリビングで過ごすひととき。ダイニングにあった「Beolit 17」をヒョイと持ってきて、お気に入りのソファの前に。いつもの席を“特等席”にアレンジ。

愛犬2匹とリビングで過ごすひととき。ダイニングにあった「Beolit 17」をヒョイと持ってきて、お気に入りのソファの前に。いつもの席を“特等席”にアレンジ。


2010年に鎌倉に引っ越して8年が過ぎ、家族も3人から5人に増え、充実した暮らしを送る建築家の宮田一彦さん。自宅兼アトリエとしてフルリノベーションした古民家は、いつも耳に心地いい音楽が流れている。
「ジャズやボサノバ、ラテンやレゲエ、ブルースなど、BGMになる曲をジャンルレスに聴いています」
  寝る時以外は常に音楽をかけているという宮田さんが、学生時代から憧れていたオーディオブランドが「Bang & Olufsen」だ。歴代の名作の名を挙げては懐かしむが、そのDNAを受け継いでいると評価するのが、2012年に誕生したカジュアルライン 「B&O PLAY」だ。
「Beolit 17」「Beoplay P2」「Beoplay A1」の3タイプは、いずれもブルートゥース対応で、360度全方位にサウンドが広く響き渡り、
「以前使っていた他社のワイヤレススピーカーよりも、音域が圧倒的に広いです。家中どこにいてもスピーカーの裏側にいる感覚がない。音量を下げても、逆に最大音量にしても音が割れません」
 と予想を超えた違いに驚いたそう。仕事部屋のアトリエには卓上スピーカーを置いていたそうだが、今は「Beoplay P2」の定位置に。LDKでは「Beolit 17」が、その時々の最適な場所に置かれ、キッチン近くには「beoplay A1」が掛けられている。
「特にアコギやジャズなどの中音域の音がいいですね。あまり音質にはこだわらない方なんですが、聴くと良さが歴然です」

 

  支持率の高い代表モデルは凹凸のないシンプルなドーム型  2014年発売以来、不動の人気。360度全方位に音が広がり、ハンズフリー通話にも対応する。持ち運びに便利なソフトレザーのストラップが粋。24時間連続再生可。全4色。W133×D48×H133㎜、27,685円+税。   Miyata Style  「キッチンの頭上にキッチンツールをハンギングしているので、そこに吊るせば、料理しながらクリアな音が楽しめそうです。仕事机に置くのもアリですね」

支持率の高い代表モデルは凹凸のないシンプルなドーム型
2014年発売以来、不動の人気。360度全方位に音が広がり、ハンズフリー通話にも対応する。持ち運びに便利なソフトレザーのストラップが粋。24時間連続再生可。全4色。W133×D48×H133㎜、27,685円+税。

Miyata Style
「キッチンの頭上にキッチンツールをハンギングしているので、そこに吊るせば、料理しながらクリアな音が楽しめそうです。仕事机に置くのもアリですね」


  シリーズ最小・最軽量ながら、サウンドはハイクオリティ  手に馴染む薄型ボディで重さはわずか275g。本革のストラップなど、デザイン性に優れ、機能面も「Bang & Olufsen」のオーディオ技術が惜しみなく注がれている。全5色。W140×D28×H80㎜、18,426円+税。   Miyata Style  「仕事中のBGMは欠かせないので、アトリエのスピーカーに決まりです。コンパクトで場所いらず。カーステレオ用にもう1つ欲しいですね」   

シリーズ最小・最軽量ながら、サウンドはハイクオリティ
手に馴染む薄型ボディで重さはわずか275g。本革のストラップなど、デザイン性に優れ、機能面も「Bang & Olufsen」のオーディオ技術が惜しみなく注がれている。全5色。W140×D28×H80㎜、18,426円+税。

Miyata Style
「仕事中のBGMは欠かせないので、アトリエのスピーカーに決まりです。コンパクトで場所いらず。カーステレオ用にもう1つ欲しいですね」

 


17.jpg

360度全方位に広がる音痩せしない低音が心地いい
音抜けの良い上質なアルミグリル加工で、前作よりも防塵防滴を強化したバスケット型スピーカー。USB Type-C採用で急速充電を実現。24時間連続再生可。全2色。W230×D189×H135㎜、58,148円+税。

Miyata Style
「ヌメ革を採用したデザインが斬新。革は使い込むほどに味わいが増すので、家族が長く時間を過ごすリビングダイニングを定位置にしたいです」

宮田一彦 1966年 東京都生まれ。97年 宮田一彦アトリエ設立。2010年 アトリエを新宿から鎌倉に移転。古い建物の良さを活かしたリノベーションを中心に、新築住宅、店舗設計も手掛ける。 http://m-atelier.jp


ext_ Haruko Hamahori photograph_Osamu Kurihara


お問い合わせ

完実電気株式会社
kanjitsu-boplay.jp/
 

TEL 050-3388-6838
info@kanjitsu.com
受付時間:平日10:00〜18:00
(土・日・祝日・GW・夏季休暇・年末年始・休業日を除く)